自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

ジーンズの裾上げって家庭用ミシンではできないの?

ジーンズを通販やバーゲンで買ったとき裾上げ料金が高すぎて驚くことありませんか?

せっかく安く買ったジーンズなのに裾上げするとジーンズの正規金額よりも高くなってしまう。これじゃ何のために安く買ったかわからない。裾上げのお店に行く交通費なんかを考えたら結局、ショップで正規価格のジーパンを買ってその場で裾上げした方が安かった・・・なんてこともありますよね。そんな時、損をした感じになるというか実際、損をしています。

それなら自分でジーンズの裾上げをしてみようと思うことってありませんか?でも、一般的な家庭用ミシンは厚地であるジーンズの裾を上げるには、モーターのパワーが不足気味。

布押えの力も足りないから、折り返したジーンズ生地の裾上げで生地が前に進まないといったことにもなる。その結果、家庭用ミシンでジーンズの裾上げをしてミシンが壊れちゃったって話もよく聞きますよね。

自分でジーンズの裾上げが簡単にできるミシン。それがスーパージーンズ!

最近は、厚物生地を縫える家庭用ミシンはいくらでもあります。「厚地厚物縫いミシン」でネット検索するとたくさん出てきますよ。でも、厚地がさらに分厚くなる縫い目などの段差をスムーズに越えられるミシンは限られてきます。

デニムを裾上げできるミシン

デニムの裾上げをスムーズにできるミシンは、アイシン精機から販売されているスーパージーンズだけといってもいいかも。
裾上げできるミシンなぜなら、12オンスのデニム生地3枚から12枚の段差を越えられるミシンだからです。一般的に店頭販売されているジーンズは14オンスです。スーパージーンズは、14オンスのジーンズなら9枚重ねの段差を乗り越えることができるんです。

スーパージーンズ

アイシン精機独自に開発した2つの特許申請中技術でもある「段縫い押え」によってジーンズの裾上げに出てくる段差をも越えることができたんです。

生地の薄い厚いに関わらず、平らな部分、凸凹の部分など、どんな生地でも対応できるミシンなんですよ。しかもデザインがオシャレなんです♪



スーパージーンズの魅力

スーパージーンズは、ミシンを使う人の目線で作られた「SP10ミシン」で培った技術をそのまま受け継いで開発されたんです。そのため、ミシン初心者でも簡単に操作ができる機能がミシンに盛り込まれているんです。おまけに、針元が見やすい・手首が疲れにくいなど人間工学に基づいた設計で作られているんです。

人間工学

★本体に簡易説明書がついている
★厚物や重ね縫いができる
★パワフル生地送り
★縫う速さを調節できる
★簡単糸通し
★縫い始めゆっくりスタート
★スタートとストップがワンタッチ
★自動針上停止機能
★作業スペースにゆとりがある
★下糸巻きが自動でできる
★下糸の残量が一目でわかる
★押えをワンタッチで変えられる
★本体が5.2kgで軽い

 

家庭用ミシンで薄物生地から厚物生地まで幅広く対応できるのは、スーパージーンズだけかもしれませんね。


洋裁の趣味にも最適!!

実は、私も以前に裾上げのために厚地も縫えるという安いミシンを購入!実際は厚物縫いでミシン針が動かなくなってそのまま壊れてしまいました。どうやら厚地といってもデニム系はだめだったみたいです・・・。厚地といっても色んな種類や厚さがありますもんね。

洋裁好きな母がで今まで使っていたミシンが壊れてしまったので新しいミシンを購入したんです。それがスーパージーンズだったんです。使いやすいし、デニム・キルト・キャンバス地などいろんな生地段差を楽に越えられるし、縫い目が均一なので、着なくなった服の小物雑貨へのリメイクやパッチワークキルト、カーテンの補修などを楽しんでいます。

手作りレシピやミシン小物が欲しいときに便利なサイトも充実していて便利です。


人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

更新日:

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.