自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

記事

裾上げテープでジーパンの裾上げってできるの?!

更新日:

ジーパンの裾上げってテープでもできる?

裾上げテープでジーパンの裾上げってできるの
ジーパンの裾上げをテープですることも可能です。ただ、ジーパンって裾の縫い目がないとなんとなくフ抜けた感じになります。

それでもやってみようと思うなら・・・

裾上げの丈の目安は、靴を履いた状態で裾が床スレスレの状態の長さです。
つまり、スニーカー、ハイヒール、革靴などによってベストな丈は変わってきますので、どの靴に合わせるかよく考えてから裾上げしましょう。もちろん靴に関係なく自分の好きな丈にする方もいます。

ジーパンの裾上げテープでやる方法

1.ジーパンと靴を穿いて丈を調整し、丈を仮止めする(安全ピンまたは、待ち針)

2.ジーパンを裏返しにする

3.縫い代を残して切断する
 ・2回折り込む場合(丈の3㎝下をカット、1.5㎝を2回折り込む)
 ・1回折り込む場合(丈の1.5㎝下をカット、1.5㎝を1回折り込む)

4.縫い代部分を折り込む

5.裾上げテープを裾にあててアイロンをかける

テープの色は、ジーパンのに合わせるような感じで選ぶといいかも。

★裾上げテープってこんな感じ↓↓

★裾上げテープすら面倒くさいなら、布用接着剤もありますよ↓↓

★待ち針ってこんな感じ。家庭科で使いましたよね↓↓

★待ち針が苦手な方は、仮止めクリップもありますよ↓↓

でも、やっぱりジーパンの裾上げをテープで行うと、表から見て裾だけ縫い目が見えないのでなんとなく変な感じ。裾上げできないのであれば、裾をロールアップして穿いた方がまだいい感じしませんか?

それでもやっぱり裾がジャストのジーパンの方が見栄えはいい感じしますけどね。

ジーパンの裾上げをしたいけどミシンが使いこなせないというあなたに、おススメのミシンがあります。それがトヨタの子会社でもあるアイシン精機スーパージーンズ

使う人目線で作られたミシンだから、ミシン初心者でもすぐミシンを使いこなせる優しいミシン。ジーパンの裾上げで難関だった縫い目の厚みをも乗り越えられるんです。

アイシン精機のミシン

2つの特許申請中技術の押えが布に沿って動くから途中で針が止まる心配もない!12オンスのジーンズの3枚重ねから12枚重ねの段差をも越えることができるんです。

まさに、ジーパンの裾上げにピッタリのミシンといってもいいかも。ミシン初心者目線で開発されたミシンだから使いやすさにも定評があるんですよ。


手作りレシピやアフターサービスが充実した公式サイトで購入の場合はこちら↓↓








人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.