自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

記事

「ミシン男子」なんて言葉があったなんて知らなかった・・・

投稿日:

「ミシン男子」なんて言葉があったなんて知らなかった・・・

「●●男子」「●●女子」という言葉をよく耳にしますが、「ミシン男子」なんて言葉があったなんて知りませんでした・・・。

「ミシン男子」と名づけるということは「ミシンは女性が使うもの」っていう前提になってる気が・・・。

しかし小学校家庭科で男女関係なくミシン習いますよね。服飾専攻の学生なら性別不問でミシンは必須。そしてスーツなどの高級テーラーでは男性職人さんが多いのに。何なんだこの言葉!!

これらに属さない男性がミシンを使ったら変なんですかね。ダメなんですかね。特にクリエイティブなことやメカニックなことが好きな男性なら、ミシンや裁縫は奥が深くて面白いと思うんですけど。

「ミシン男子」この言葉のおかげでミシンに対するハードルが下がった男性がいるなら、救いはあるのですが・・・

ところでミシンが使えるとズボンの裾上げ、カーテンやクッションなど雑貨の修繕、服のリメイクなどができるので節約になるし、ちょっと破れた・ほつれたぐらいで捨てなくて済みます。幼稚園などの入園グッズだって母親が用意するイメージが広がっていますが、作りたい人・作れる人が父親ならそれでいいのです。

でも確かに手芸洋品店に行くと、白色を基調にパステルカラーのパーツなど女性受け狙いのミシンが多い。これも問題ですよね。

厚地でもスイスイ縫えて、黒色を基調としたシンプルなミシンがあります。しかも各モールで買えてポイントも貯められます。ミシンに興味があるなら男女を問わず参考にしてみてくださいね。

詳しい情報は公式サイトからどうぞ








人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.