自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

記事

ミシンでボタンを付け替えて、洋服をワンランクアップしよう。ハンドメイド、手芸に最適なボタンが見つかる【アウトレットボタン屋さん】の紹介

投稿日:

アウトレットボタン屋さん

ボタンの付け替えって大変ですが、シャツなどの洋服のボタンを変更するだけで洋服の印象を変えることができます。また、ハンドメイドの場合には、ボタンをつけるだけでなく、ボタンホールが必要となりますが、ミシンを使えばボタンの付け替えだけでなく、ボタンホールを作ることができます。ただ、ボタンって意外と高いものです。そこで今回はボタン専門店の紹介もします。

スーツのボタンを水牛ボタンにしたり、シャツのボタンを貝ボタンに変更するだけでワンランク上の洋服に?!

洋服を買う際に、意外と意識しないのがボタンですが、洋服のボタンを変更するだけでワンランク上の洋服の印象になります。ボタンには、水牛ボタン、貝ボタン、ナットボタン、プラボタンがあり、素材によって価格が異なります。当然のことながら、洋服の価格に見合ったボタンがついていることがほとんどです。最高級ボタンである本水牛のボタンは1個数百円する一方で、プラボタンだと1個数十円です

自然素材の水牛ボタン、貝ボタン、ナットボタンは一つ一つの表情が異なる

水牛ボタン、貝ボタン、ナットボタンは自然素材を使ったボタンになります。下記は水牛ボタンの一例ですが、一つ一つの表情が違うことがお分かりいただけると思います。

水牛ボタン

プラで作られた水牛調ボタンというのもあります。下の画像のボタンは水牛調ボタンです。すべて同じ表情をしているのがお分かりいただけると思います。それでも、単色の黒いボタンに比べると高級感があるのがわかります。

水牛調ボタン

スーツやコートでは水牛ボタンやナットボタンが使われますが、シャツには貝ボタンが使われます。写真でもプラスチックボタンと異なり、高級感があるのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

貝ボタン

ボタンを安く、必要なだけ購入できるお店がアウトレットボタン屋さん

高級ボタンを使えば、洋服の印象が変わるということをご存知の方も多いのですが、ボタンというのは意外と値段が高く、安く購入しようと思えば個人では必要のない100個以上の単位だったりします。

今回、紹介するアウトレットボタン屋さんはボタンを安く販売していて、かつ、1個や10個単位での購入ができるお店です。ぜひ一度見てみてください。

アウトレットボタン屋さん

アウトレットボタン屋さんを見る







人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

アウトレットボタン屋さん 4

ボタンの付け替えって大変ですが、シャツなどの洋服のボタンを変更するだけで洋服の印象を変えることができます。また、ハンドメイドの場合には、ボタンをつけるだけでなく、ボタンホールが必要となりますが、ミシンを使えばボタンの付け替えだけでなく、ボタンホールを作ることができます。ただ、ボタンって意外と高いものです。そこで今回はボタン専門店の紹介もします。

コスプレにはミシン 5

コスプレ衣装用にミシンを買いたい人は多いと思います。そこでミシンを買うときに注意して欲しい3点をまとめました。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.