厚地が縫えるミシンがあればジーンズの裾上げは簡単!

ミシンのある生活

記事

ミシンは白色しかないの!?おしゃれで個性的なおすすめミシン4選まとめ

更新日:

個性的なミシンを探してみた

手芸洋品店などのミシン売り場へ行って思うこと。それは、何であんなに「白色&パステルカラー」なミシンしかないのか。

その結果どれも一緒に見えて個性がないんですよね。つまり、欲しいと思えない。

たまに通販カタログで「個性的なミシン」は出てくるんだけど、限定発売だったり、製造メーカー情報が不明で買いたくても買えないことがあるんですよね。やっぱりミシンは長く使うものだから、製造元や故障対応は気になります。

そこで本当にミシンは「白色&パステルカラー」しかないのか? と疑問に思った私が欲しいと思える「ちゃんと使えておしゃれなミシン・個性的なミシン」を探してみました。

ジャノメ:電動ミシン『JN508DX-2B』

JN508DX2B

黒くシンプルなデザインが魅力的な電動ミシンです。フットコントローラーが付いているので両手が自由に使えます。
薄地から厚地まで縫えます。

シンガー:電動ミシン『SN1851』

シンガー 電動ミシン SN1851

パワフルモーターと7枚送り歯でジーンズの重ね縫いもできます!。ジーンズの裾上げやジーンズリメイクでバッグを作りたい方にはぴったりですね。フットコントローラーが付いているので両手が自由に使えます。

JUKI 電子ミシン HZL-40DX

JUKI 電子ミシン HZL-40DX
厚地・薄地など記事の素材に合わせて縫い目を調整できます。また、段部ボタンがついているので裾のような厚地段部でもスムーズに縫えるミシンです。

アックスヤマザキ:電動ミシン『ブルーバード』

レトロミシン

これぞアンティークと言える大正ロマン風デザインが特徴の「直線専用ミシン」です。厚地のデニムやフリースも縫えます。お部屋のインテリアとしても抜群の存在感を発揮するので、カフェなどミシンに関係ないお店に飾るのもいいかも。
アックスヤマザキは大阪市にある昭和21年創業のミシンメーカーです。シンガーミシンなどをOEM生産しているので、知らずお世話になっている方もいるかもしれません。

★ちなみに「手回し」ミシンもあります。

 







人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

アウトレットボタン屋さん 4

ボタンの付け替えって大変ですが、シャツなどの洋服のボタンを変更するだけで洋服の印象を変えることができます。また、ハンドメイドの場合には、ボタンをつけるだけでなく、ボタンホールが必要となりますが、ミシンを使えばボタンの付け替えだけでなく、ボタンホールを作ることができます。ただ、ボタンって意外と高いものです。そこで今回はボタン専門店の紹介もします。

コスプレにはミシン 5

コスプレ衣装用にミシンを買いたい人は多いと思います。そこでミシンを買うときに注意して欲しい3点をまとめました。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.