自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

記事

破れたジーンズの直し方!自分でキレイに仕上げるコツは!?

更新日:

破れたジーンズの直し方!自分でキレイに仕上げるコツは!?

破れたジーンズの直し方

どこかに引っ掛けたりしてジーンズにできた穴や破れ。ひどい場合はジーンズの白い糸が出てしまうこともありますよね。

この白い糸が出ちゃうと直しにくいかなと思ってしまいますけど、ミシンを使えばそんな状態も簡単に直すことができちゃうんですよ。

【用意するもの】

ジーンズ破れの穴より大きめの接着芯(ジーンズの色より少し薄い色)

●糸
ジーンズの色に似た色。または薄いグレー色で少し細めの糸

●14番のミシン針
ジーンズで使う糸は通常16番ですが、それより細めの針を使うことで縫い目が目立たなくなります。

●アイロン

●ミシン

【補修の方法】

1.ジーンズを洗濯する(汚れを落とすほか、生地が伸びて型崩れしているのを直す意味があります。)

2.ミシンに針と糸をセット

3.ジーパンの裏面に接着芯をアイロンで貼る(生地がゆがまないように、しっかり貼りましょう)

4.ジーンズの縦目に合わせて接着芯を縫う(縫い目の間隔もジーンズの縦目に合わせて縫うと自然な感じに仕上がります。)

直した部分は、周囲の生地より頑丈になっています。何度も洗濯するうちに、周辺の生地が傷んできますから注意してくださいね。

ミシン針の14番ってこんな感じ↓↓

★接着芯ってこんな感じ↓↓

家庭用ミシンでジーンズの補修って、このやり方なら簡単ですよね。おうちにミシンがない場合は、買っても使う機会がなさそうだから、何となく買いにくいなって思いませんか?置き場所にも困りそうだし。

インテリアのようなおしゃれなミシン

でも、置き場所にも困らないインテリアのようなミシンがあるんです。しかも、裾上げも簡単にできるミシンです。家庭用ミシンって白色のイメージがありますが、チョコレートのような素敵な茶色だったら、おうちにあってもカワイイですよね。ミシンの名前はスーパージーンズ!ジーンズ補修の強い味方になりそうな名前ですよね。


ジーパンの裾上げって結構費用がかかりますからね。費用がかかるなら、ロールアップして穿けばいいやって思うこともある。場合によっては、それがおしゃれに見える場合もありますしね。

でも、明らかにロールアップだと変じゃない?って時もありますよね。そんな時、自分で裾上げができたら、ファッションセンスも上がると思いませんか?

デニムの裾上げに出てくる段差もスイスイ縫えちゃうスーパージーンズは、各モールで購入可能!
いつも使っているモールで購入すれば、ポイントも溜まってお得!







人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.