自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

記事

ジーパンの裾上げを手縫いでする方法とコツとは?

更新日:

ジーパンの裾上げを手縫いでやる!

ジーパンの裾上げを手縫いでする方法

ジーンズの裾上げをしたいけど家にミシンがない!

もし手縫いでジーンズの裾上げができるなら、やってみようと思いますよね。だって、せっかくセールでジーンズを安く買ったのに、裾上げ料金がジーンズより高かったら、意味が無いですもの。

手縫いでも十分ジーパンの裾上げができますからチャレンジしてみるのもいいかもしれません。ただ、時間と根気が必要ですよ。

<用意するもの>
◆裁ちばさみ
◆太めの針
◆太めの糸
◆待ち針(仮止めクリップ)
◆指ぬき
※軍手(手が痛くならないように)

★裾の不要部分を切るのに使う裁ちばさみってこんな感じ↓↓

★よく見かけるジーンズに使われてる糸ってこんな感じですよね↓↓

★待ち針ってこんな感じ。家庭科で使いましたよね↓↓

★待ち針が苦手な方は、仮止めクリップもありますよ↓↓

★指ぬきってこんな感じです↓↓

<ジーパンの裾上げを手縫いでするときのポイント>
★本返し縫いで縫う。表からはミシンの針目のように見えるし、縫い目も頑丈になります。
★針は生地対して直角に入れること。
★指ぬきで針のお尻をゆっくりと押しながら進めていきます。
★生地に厚みのある部分は、針が折れないように注意!

ここがポイント時間をかけてゆっくりと縫えば、ミシンで縫ったような仕上がりになりますよ。

とはいえ、やはり手縫いは時間がかかり力も必要になるので指が痛くなります。もし家にミシンがあれば、裾上げも簡単にできるんです。

ミシンって高額なイメージですよね?

お店に行くと何十万円もするミシンが飾ってあるんですよね。正直な話、ミシンにそんなにお金をかけられないって思って、ミシンを買わずにいませんか?おまけに色々便利機能がついたミシンは、はっきり言って使いこなせない!ミシンがなくても別に生活に困るってわけでもないし。かと言って、数千円など低価格すぎるミシンだと機能が限られていたり、モーターが弱くパワーがないなんてことも・・・。

そんなあなたに、おススメしたい価格的にもリーズナブルでジーンズの裾上げが簡単にできちゃうミシンがあります。そのミシンはジーンズなど厚地の縫い目の段差を簡単に乗り越えることができるんですよ。それはアイシン精機のスーパージーンズ!

縫い目の段差を乗り越えられる2つの特許申請中技術の押えによってパワーのあるミシンを開発することに成功したんです。詳しくはこちら↓↓

そんなスーパージーンズは各モールでも購入可能!
いつも使っているモールで購入すれば、ポイントも溜まってお得ですよ!







人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.