自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

記事

持ち込みでのジーンズ裾上げ値段の相場っていくらぐらい?

更新日:

ジーパンの裾上げ値段の相場っていくら?

裾上げの相場
最近では、ジーパンを購入すると無料で裾上げをしてくれるお店が多くなってきましたよね。特にジーンズのお店では、その場で数分程度で裾上げをしてくれる。でも、ジーンズの値段によって裾上げが無料にならない場合もありませんか?

安くてつい衝動買いしてしまうセール品のジーパン。しかし、セール品に限って裾上げが有料になるお店もありますよね。購入したお店であれば、500円くらいで裾上げをしてくれるお店もありますが、「えっ、別途料金いるの?」と損をしたような気分になってしまうことも・・・。

通信販売やネットショップでジーパンを購入した場合はサイズ表ではピッタリだったのに、届いてみたら裾丈が長くて合わないということがよくあります。こうなると、リフォームのお店などに持ち込むしかありません。そういう場合のジーパンの裾上げ料金っていくらくらいが相場なのか?

ここがポイント相場としては、1,000円前後くらいです。目安として覚えておくといいですよ。

裾上げしてくれるお店を探す。持参して打合せをして預ける。受取に行く。勿論きれいに仕上げてくれるのは助かるけれど、これって結構手間なんですよね。

そんなに手間とお金がかかるなら自分でやってみようと思いませんか?

分厚い生地の重ね縫いができるミシン自分で裾上げするとなると思い浮かぶのがミシンですよね。最近は家庭用ミシンでも「厚地生地でもスイスイ縫える」というのが増えています。

しかし、裾の折り返しや縫い目などのさらに厚みが増す段差部分を乗り越えられるミシンってなかなかないんです。その結果、厚地は縫えるのに、厚地素材のズボンの裾上げはできないというミシンがあります。段差の部分でどうしてもミシン針が止まって折れたり、布が進まずその場で縫い続けたりしちゃうからです。

でも、この段差にこだわって作られた家庭用ミシンがあるんですよ。それがアイシン精機のミシン「スーパージーンズ」なんです!

注目すべきは、2つの特許申請中技術でもある「段ぬい押え」にあります。押えが生地に沿ってクイクイ動くから生地をきちんと押さえることができている。だからこそ、デニム生地3枚の厚さから12枚の厚さという壁を越えられるんですよ。もちろんデニム以外の厚地生地の裾上げもできます。

そして、人間工学に基づいて設計でミシンを使う人の立場になって開発されているから、買ったその日から設定に迷うことなく縫うことができちゃいます。

そんなスーパージーンズは各モールでも購入可能!
いつも使っているモールで購入すれば、ポイントも溜まってお得!

手作りレシピやアフターサービスが充実した公式サイトで購入の場合はこちら↓↓








人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.