自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

記事

ストレッチデニムを縫う時のミシン針と糸とは?

更新日:

ミシン針はデニムの厚さによって変えることが必要!

デニムを縫う時の針と糸

デニム生地には、「ストレッチがあるもの」「ストレッチがないもの」がありますよね。

デニム生地というと、今まではストレッチがないものが多かったのに、最近はストレッチ素材のデニムが出てきてとても人気になってます。

ストレッチ素材のデニムは伸縮性があるので、はいても窮屈さを感じないためとても楽なのが魅力!

特に子供の場合はストレッチ素材の方が伸縮性のない一般的なデニム生地より脱ぎはきしやすいため、ストレッチ素材のジーンズを選ぶパパママも多くなっていますよね。そしてセールで子供用の格安ストレッチジーンズを見つけたら、自分でミシンで裾上げした方が費用も抑えられるって考えてしまう。手縫いは大変だからミシンでやってみよう!でも、ちょっと待ってくださいね。

ミシンを使う場合、縫う生地によって針と糸を変える必要があるんです。

デニム素材は、厚地なので針も糸も太目で選ぶようにすると、針も折れにくく糸も切れにくくなりますよ。

ここがポイント伸縮性のない一般的なジーパン用の針番号と糸について詳しく・・・

ストレッチデニム生地で使うミシン針と糸

針番号・・・14番か16番
糸・・・・・ストレッチミシン(30番くらい。厚地のストレッチ素材が縫えるかよく確認しましょう)

★ミシン針16番ってこんな感じ↓↓

★ストレッチミシン糸ってこんな感じ↓↓

ストレッチ素材のジーンズをミシンで縫う時、初めはうまく縫えるのに少し進むと縫い目が飛んだり、下糸がうまく縫えないことがありませんか?

ストレッチデニム生地は伸縮性があります。また、ストレートジーンズなら問題ないですが、たいていのストレッチジーンズは裾先へ行くほど少し細くなっているから、うまく裾が縫えないんですよね・・・。そんな時は、生地を伸ばしながら縫っていくといいですよ。

でも、なかなか伸ばしながら生地を縫うって難しいですよね?伸縮性のある生地でも真っ直ぐラクラク縫えるミシンがあるんですよ。それがスーパージーンズです。

別売りですがフットコントローラー(ペダル)を使えば常に両手を使えるので、生地を伸ばしながら縫うのも可能です。

スーパージーンズには、「伸縮生地のまつりぬい」が縫い目の種類にあるからきれいに仕上げられますよ。

ミシン初心者目線で開発されたミシンだから使いやすさにも定評があるんですよ。手作りレシピやアフターサービスが充実した公式サイトで購入の場合はこちら↓↓








人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.