自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

記事

自分でできる簡単なジーンズ裾上げ2つの方法

更新日:

ジーンズの裾上げが簡単にできちゃう方法!

簡単裾直し

簡単にジーンズの裾上げをする方法として、一番簡単なのが裾上げテープを使って裾上げをする方法です。

1.裾上げテープを使った裾上げ方法

テープで裾上げ
1.ジーンズをはく
2.靴をはく
3.靴をはいて床すれすれの状態の部分に印をつける
4.ジーンズを裏返す
5.印をつけた部分の下3㎝くらいを切る(折り返しを残すため)
6.1.5㎝ずつ折り返す
7.折り返した部分を裾上げテープを貼りアイロンをかける

裾に縫い目がないとなんとなく変な感じになりますが、子ども用などそんなこと気にしないならいいかも…

★裾上げテープってこんな感じ↓↓

でも、切らない方法もあるんですよ。

2.テープ以外の裾を切らない簡単な裾上げ方法「まつり縫い」

まつり縫いとは

1.ジーンズをはく

2.切りたい不要部分を内側に折って待ち針を付ける
(裾先が床に少し着く程度がいい)

3.裾のステッチが見えるように裾を折り返す
(裾の縫い目の部分)

4.裾にアイロンをかけて折り返しを固定する

5.まつり縫いで裾をかがり、仕上げのアイロンをかける
(できる限り表側に糸を見せないため、表側の布を針ですくう幅は最小限にします)

少しくらいの裾上げなら、この方法で楽に裾上げをすることができます。

不要部分をカットしていないので裾のところに少し厚みが出てしまいますが、これならジーンズを切らずに裾上げすることができます。特に子どもの場合はすぐに大きくなりますから、大きめサイズを買っておいて成長にあわせて、まつり縫いをほどいたら無駄がありません。

でも、やっぱり、見栄えよくジーンズの裾上げをしたいってあなたは、操作が簡単なミシンを使って裾上げにチャレンジしてみるのもいいかも。

アイシン精機スーパージーンズなら、裾上げが簡単にできちゃうんですよ。

使い方ナビが搭載のミシン

ミシンが苦手という方のために、本体に使い方ナビが搭載されているから、操作に迷うこともないんです。

ミシンを使ったジーンズの裾上げで難しいのが、ジーパンの縫い目が重なった部分の段差を越えること。家庭用ミシンでは生地が重なった縫い目部分の厚みを乗り越えるパワーが足りなかった。でも、それを可能にしたのがスーパージーンズなんです。

独自で開発した2つの特許中申請技術で作られている「段ぬい押え」生地に沿って動くから、ジーンズの裾上げで出てくる生地の段差を越えることができちゃうんです。

「操作が簡単で、大変なジーンズの裾上げが楽にできちゃう」とクチコミでも評判のミシンでもあるんですよ。

クチコミでも評判のスーパージーンズは各モールでも購入可能!
いつも使っているモールで購入すれば、ポイントも溜まってお得!

手作りレシピやアフターサービスが充実した公式サイトで購入の場合はこちら↓↓








人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.