自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

記事

ジーンズの裾上げをミシンできれいに仕上げる方法とコツとは?

更新日:

ジーンズの裾上げをミシンを使って自分でやる!詳しい工程!

裾上げの工程方法

ジーンズをきれいかつ効率的に行うには、裾上げの工程を知っておかないとなかなかうまく行きません。そんなあなたに、ジーンズの裾上げの工程ときれいに仕上げるコツをご紹介しますね。

ジーンズの裾上げの工程ときれいに仕上げるコツ

1.ジーンズをはいて腰の位置と裾の長さを確認する
※裾丈にばかり気になって、腰(ウエスト)位置のことを忘れてしまいがちなので気をつけましょう。ベルトの種類やシャツをインして着るかによっても変わってきます。

2.床に少し付く感じで印をつける
※裾の長さは、靴を履いた状態で床にスレスレにするか、靴を脱いだ状態で床スレスレにするか

3.ジーンズを裏返しにする

4.印をつけた部分に線を引く

5.印をつけた部分と平行に、縫い代用として余分に3㎝~4㎝を取って線を引く
※縫い代分を取っておかないと、仕上がり丈が短くなってしまいます。

6.「5.」でつけた縫い代用の線でジーンズを切る
※裁ちばさみが切りやすいです。

7.縫い代部分を1.5cm位で三つ折(2回折り返す)にしてアイロンをかけ、待ち針で固定する

自分でズボンの裾上げ

お直し裾上げできるミシン生地が重なって厚みが出てしまう時は、カットすると縫いやすくなります。

縫う際に厚みが出た部分を金づちでたたくと少し平らになりますよ。

8.ミシン針を落としてゆっくり縫う
縫い始めは、ジーンズの縫い目の重なり部分から縫っていくと綺麗な仕上がりになります。
ミシンの「直線縫い」を使います。ここは特に分厚いのでスピードを上げると針が折れる可能性があります。

お直し裾上げできるミシン縫い始めはゆっくりはずみ車を回しながらやりましょう。
フットコントローラーがあるミシンなら、両手でジーンズをしっかり押えることができるので真っ直ぐ縫うことができますよ。

9.縫い始め3㎝くらい重なるところで縫い終わる
ジーンズを一周したら、縫い目始め部分と3㎝くらい重ねて縫い終わるようにします。こうすると返し縫いをしなくて済みます。

★裁ちばさみってこんな感じです。家庭科の授業で使いましたよね。↓↓

★おうちに足元まで見える鏡はありますか?

ジーンズの裾上げのミシン掛けでうまくいかない部分といえば、ジーンズの縫い目の重なりですよね。生地が重なりボコッと分厚くなっています。

一般的な家庭用ミシンだと最初はうまく縫えていたのに、最後のこのボコッとした縫い目部分に差し掛かると縫い目の坂がうまく登れない…。それを解決したのがこちらのミシンなんです↓↓

厚地が楽に縫えるミシン

アイシン精機から販売されているスーパージーンズは、12オンス3枚重ねのデニムから12枚重ねのデニム
段差を越えることができる!

特許技術搭載ミシン

2つの特許申請中技術でもある押え金の形状の変更によって、ジーンズの縫い目の段差も越えることが可能なんです。

ミシンというと何十万円もするイメージですが、スーパージーンズは、リーズナブルな価格でパワーがある家庭用ミシンとしても定評のあるミシンです。

ジーンズの裾上げだけでなく、ジーンズのリメイクや他の厚物生地の裾上げも楽にできるから、洋裁の幅も広がっちゃいます。

アイシン精機の家庭用ミシン スーパージーンズは、各モールで購入可能!
いつも使っているモールで購入すれば、ポイントも溜まってお得!

手作りレシピやアフターサービスが充実した公式サイトで購入の場合はこちら↓↓








人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.