自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

記事

ジーンズの補修ができるミシンってあるの!?

更新日:

ジーンズの補修もミシンでやっちゃおう!

ジーンズの補修ができるミシンってあるの

ちょっとした拍子にジーンズが派手に破れてしまったら・・・。膝とかならともかくお尻周辺はさすがに直さないとはけないですよね。

特に子供の場合は、まだまだ穿ける感じがするし捨てるにはもったいない。そして買い替えてもまたすぐに破ってくるの繰り返しなので余計にお金がもったいないんですよね。

それなら破れた部分を自分で補修すればいいんですよ。

うちにも子供がいますが、子供ってどうしてそんなところ破いてくるの?って思うほどいろんな箇所を破いてくるんですよね。それこそそのたびにジーンズを新調してたら破産ですよ。

だから、ジーンズの補修をミシンでするんです。それなら、ミシン針と糸と薄物生地くらい経済的負担が少なくて済むからです。

ジーンズ補修をミシンでする方法

【用意するもの】

●ジーンズの色より薄めの接着芯(ジーンズ生地よりも薄目がいい)

●ミシン針14番

●糸40番から50番(ジーンズの色に合わせて薄い色)

●アイロン

★接着芯ってこんな感じ↓↓

ミシン針14番ってこんな感じ↓↓

【補修方法】

1.ジーンズを裏返し、破れた部分に接着芯をアイロンで貼る

2.ジーンズを表に返し、ジーンズの繊維に沿って前縫いを繰り返す(返し縫いが苦手なら、生地を回転させて前縫いをする)

あまり縫い目を多くするとその部分だけ硬くなってしまうので適度な間隔で、直線縫いを行っていきましょう。直線縫いだけなので、意外と簡単にジーンズの補修がミシンで出来ちゃいますよ。

※ミシンがない場合は、接着芯を破れた部分に貼るだけでもいいのですが、縫い付けないと剥がれやすくなります。

でも、ミシンって設定があるから、使うの苦手っていうあなた!そんなあなたにおススメのミシンがあります。ミシン初心者目線から設計されたミシンです。しかも、どんな厚物も簡単に縫うことができるんです。

ミシンを買うのって結構勇気がいりますよね?ミシンを買ったはいいけど使わなくなる気がして・・・。

実は私もそう思っていた一人。でも、アイシン精機の家庭用ミシン「スーパージーンズ」を買って変わったんです。(実際は、母のミシンを使わせてもらっているんですけどね。)

それがコチラ↓↓

色々なものが作れるから、逆にミシンを使うことが多くなってきました。ジーンズの補修や裾上げはもちろん、リメイクして雑貨を作ったり、幼稚園とかで使う巾着袋や手提げカバンなど・・・。自分でなんでも作っちゃおうって気持ちが強くなってきたんです。やり始めると結構はまっちゃうもんですよ。

手作りレシピやアフターサービスが充実した公式サイトで購入の場合はこちら↓↓









人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.