自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

記事

ジーンズを縫う時のミシン針の番号って何番?

更新日:

ミシンでジーンズを縫う時の針番号

ジーンズ用の針と糸

ジーンズの裾上げを家庭用ミシンでやろうとしたとき、ミシン針が折れることありませんか?ミシン針はジーンズなどの厚物を縫う時は厚地用に変える必要があるんです。

厚物生地に対してミシン針が細すぎるから折れてしまうんですよ。

私もジーンズの裾上げをやろうとしてミシン針が折れて困った経験があります。その時、生地にあわせてミシン針を交換することが必要だってことを知ったんです。

また、縫い目が不揃いになったり、縫い目が飛んだりしたことありませんか?使うミシン糸も生地によって交換する必要があるんですよ。

生地と糸と針の組み合わせが適切でないから針が曲がったり、折れたり、糸が切れたりしちゃうんです。

厚物生地の場合は、太くて丈夫な糸を使うんです。じゃないと途中で切れたりしちゃいますからね。

<<ジーンズを縫う時の針番号>>
ミシン針は、9番からあります。
数が小さいほど、針が細くなります。
そして、ジーンズなどのデニム素材の生地は、16番のミシン針を使います。

また、糸の番号として・・・
綿糸・・・40~50
絹糸・・・50~60
化繊糸・・・50~60
です。

★ミシン針16番ってこんな感じ↓↓

★ミシン針16番で使えるジーンズ用の糸(ジーンズステッチ)ってこんな感じ↓↓

お直し裾上げできるミシンジーンズが縫われている他の糸と同じような色の糸を選んで縫うようにすると自然な感じに仕上がりますよ。

ジーンズの裾上げをする時、ジーンズの縫い目で生地が重なっている部分がありますよね。そんな部分は、厚くなった部分を金づちでたたいて生地を少し平らにすると縫いやすくなりますよ。

とはいっても、ジーンズの生地が重なった段差部分がミシン縫いの最難関ポイントでもありますよね。針が飛んだり、ミシン針がそこから動かなくなったり・・・

でも、そんな段差をも越えてしまう家庭用ミシンがあること知っていますか?

それはアイシン精機で販売されているスーパージーンズです。


生地押え金の形状変更と補助押えの組み合わせという2つの特許申請中技術によって、12オンスのデニム生地の3枚重ねから12枚重ねの段差も縫うことができるようになったんです。

どのミシンでも厚地の生地でも平坦な部分を縫うことは簡単。でも、何かを作る時って、平坦なところばかりじゃない。生地を縫い合わせる時、必ず生地に厚みが出てくる。スーパージーンズは、生地に合わせて押えがクイクイ動くからどんな段差も越えられるんですよ。

そんなスーパージーンズは各モールでも購入可能!
いつも使っているモールで購入すれば、ポイントも溜まってお得!







人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.