自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

記事

初心者OKな厚地厚物縫いミシンのオススメってあるの?!

更新日:

初心者でも簡単に操作できる厚物縫いミシンがほしい

厚地の縫いたい
どんな厚物(厚地)でもスイスイ縫えるってミシンってないのかなって、厚物縫いミシン」でネット検索すると色々なミシンがでてきて、どれがいいのか迷っちゃいますよね。

おまけにミシンは意外と価格的に安いものからあるので、よくわからないままこれくらいなら買ってもいいかな?って思っちゃうんですよね。実際私も7,000円くらいのミシンを買いましたが、少し厚めの生地になるとすぐに糸が絡まっちゃったり、モーターが弱くて前に進まなくなったりして全く使えず・・・。そして今は使うことなくクローゼットの中に眠っています。というわけで、この「厚物縫いミシン」が落とし穴だったりするんですよね。

身の回りで厚地が使われているものを思い浮かべるとカーテン、キルトやキャンバス地のカバン、ジーンズ、デニムシャツ・・・。本当に色々な生地がありますし、またそれぞれ糸の種類や太さ、織り方や織り方の密度などで厚地の種類は無限に増えていきます

その結果、「厚地も縫えるミシン」のはずなのに、スイスイ縫える生地があるかと思えば、なかなか進まなかったり、厚地を縫い合わせるときに出てくる段差(重なり)ミシン針が止まったり、布が進まずその場で縫い続けたりする。だから段差の部分だけ、はずみ車をゆっくり回したりして・・・。

その後の私は自分での再購入をあきらめ、母が買ったのを使わせてもらっています。それはアイシン精機の家庭用ミシン スーパージーンズです。JUKIやシンガーからも厚地厚物縫いが得意なミシンが出ていますが、母が買ったのはスーパージーンズでした。

平らな部分からいきなり段差が出てくるとミシンはスムーズに動かないことがあってイライラしちゃいますが、このスーパージーンズはその名のとおり、12オンス3枚重ねのデニムから12枚重ねのデニムの段差をもスイスイ越えちゃうミシンなんですよ。それは2つの特許申請中技術の「段ぬい押え」があるからスイスイ縫うことができちゃうんです。しかも人間工学に基づいた設計で使いやすくなっているうえに体内部にワンポイントナビが収納されているから初心者でも安心です。

そんなスーパージーンズは各モールでも購入可能なんです!
いつも使っているモールで購入すれば、ポイントも溜まってお得!

★着なくなった服を小物雑貨ににリメイクしたりするときの参考になるサイトもあって重宝しています↓↓








人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.