自分でジーンズの裾上げが簡単!スーパージーンズ!

ミシンのある生活

記事

ミシンで厚地厚物を縫うのはコツがいる?

更新日:

ミシンで厚地厚物を縫うのはコツがいる?

ミシンは針と糸を生地で選ぶ

厚物生地を重ねて縫うとなんだかミシンの調子が悪くなってしまい、どうしたらいいの?ってイライラすることありますよね。

そんな時考えられるのが
◆ミシン針や糸の太さと生地が合っていない
◆ミシンの布送りがうまく動いていない
など・・・

厚物縫いで苦労するのが、ミシン針が折れたりミシン針が途中で止まったりしちゃうことですよね。

厚物生地の場合に使うミシン針と糸は・・・
★ミシン針16番以上
★糸40番から60番くらい
お直し裾上げできるミシン生地に合わせてミシン針や糸を変えることが大切です。

★ミシン針16番ってこんな感じ↓↓

また、厚みがある部分を金づちでたたいて少し平らにすると縫いやすくなりますよ。

ミシンのはずみ車

家庭用ミシンだとどうしても生地押えにパワーがないため、厚めの生地になると送りがスムーズに進まないんですよね。だから、どうしてもミシン針に圧力がかかり過ぎて折れたり、同じところばかり縫って進まなかったり…

そういった場合は、ミシンのはずみ車を手動で動かしながら布も少しずつ動かす。

そうすればうまく縫うことができます。ただ、少し縫い目が揃わなかったりしちゃいますけどね。

厚物縫いをするなら、トヨタ自動車の子会社のアイシン精機で開発されたミシンスーパージーンズがおススメです。

ここがポイントスーパージーンズは、薄地はもちろん厚物縫いにも威力を発揮するよう作られているのです。12オンス3枚重ねのデニムから12枚重ねの段差を越えることができるんです。

そんなスーパージーンズは各モールでも購入可能!
いつも使っているモールで購入すれば、ポイントも溜まってお得!

「12オンス」とはどのくらいの厚さ?って疑問に思いますよね?
一般的なジーンズショップで売られているジーパンの厚さは14オンス程度で、一年を通して着られる最適な厚みです。

そう考えると、スーパージーンズがジーンズの裾上げに出てくるボコッとした段差も簡単に乗り越えられるミシンであることが分かりますよね。

初心者でも簡単に使いこなせるように設計されているミシンなので、ミシンが自宅に着いたその日から設定に迷うことなくミシンを使うことができるんです。

また、スーパージーンズは、ネット販売のみとなっていますがとにかくオペレーターの方がとても丁寧に対応してくれると評判です。
手作りレシピやアフターサービスが充実した公式サイトはこちら↓↓








人気のおすすめ記事

叩き縫いができるミシン 1

ジーンズやデニムの補修をミシンのたたき縫いするって難しいようですが、意外と直線縫いだけで簡単にできちゃうんです。

ミシンでできるジーンズリペア方法 2

ジーンズのリペアとは、ジーンズの穴があいてしまった部分を補強することです。自分でジーンズのリペアをしようとしているあなたに、ジーンズのリペアをする際にいくつかポイントがあるのでご紹介します。

裾の長さってどのくらい 3

自分でする場合はジーンズの裾上げってどのくらいの長さ(丈)にしたらいいのか分からないですよね?そのポイントをご紹介します。

-記事

Copyright© ミシンのある生活 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.